お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【必修】発作性の胸内苦悶を伴う胸痛で、最も疑うべきものはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

Kokusi

Kango

【必修】発作性の胸内苦悶を伴う胸痛で、最も疑うべきものはどれか。

  1. 心筋炎

  2. 狭心症

  3. 肋間神経痛

  4. 逆流性食道炎

―――以下解答―――

(解答) 2

<解説>

1 .(×)心筋炎は、心筋に炎症が起こって破壊される疾患で、心不全の症状がみられるが、発作性の胸内苦悶はみられない。 

2 .(○)発作性の胸内苦悶がみられるが、安静によって5分程度で症状が軽快するのが特徴である。

3 .(×)肋間神経痛は、肋間神経の走向である、脊髄から肋骨に沿って痛むのが特徴である。胸内苦悶は伴わない。

4 .(×)逆流性食道炎とは、何らかの原因で食道へ逆流した胃酸が、食道粘膜に炎症を起こす疾患である。主な症状は胸焼けである。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ