お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【必修】誤嚥を防ぐための食事介助で適切なのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

【必修】誤嚥を防ぐための食事介助で適切なのはどれか。

  1. パサパサした食べ物を準備する。

  2. 患者の体位は、頸部を後屈させ下顎を挙上させる。

  3. 食物を口に運んだスプーンは上方へ抜き取る。

  4. 飲み込んだのを確認してから、次の食物を口に入れる。

―――以下解答―――

(解答)4 

<解説>

1 .(×)パサパサした食べ物は、口のなかで食塊をつくりにくく、飲み込みにくい。

2.(×)頸部を後屈させ、下顎を挙上すると食物が気道に入りやすくなってしまう。

3 .(×)食べ物が上顎に張り付いてしまい、嚥下しにくくなる。舌の上にしっかりのせることが大切。

4 .(○)口の中に食べ物が溜まってしまうと、うまく飲み込めずに誤嚥の原因になる。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ