お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【必修】生後6か月児で発達の遅れを疑うのはどれか。

編集 ナース専科看護師国家試験対策委員会

監修・廣町佐智子(日本看護研究支援センター所長)

【必修】生後6か月児で発達の遅れを疑うのはどれか。

  1. 親指と人さし指を使って、物をつまむことができない。

  2. 意味のある言葉を話すことができない。

  3. つかまり立ちができない。

  4. 首がすわらない。

―――以下解答―――









(解答) 4

<解説>

1.(×)「親指と人さし指で物をつまむ」について、90%の児ができるようになるのは生後12か月である。

2.(×)「意味のある言葉を話す」について、90%の児ができるようになるのは生後14か月である。

3.(×)「つかまり立ち」について、90%の児ができるようになるのは生後9か月である。

4.(○)「首がすわる」について、90%の児ができるようになるのは4か月である。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ