お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【必修】チアノーゼの際に増加しているのはどれか。

Kango

【必修】チアノーゼの際に増加しているのはどれか。

  1. 直接ビリルビン

  2. 間接ビリルビン

  3. 酸化ヘモグロビン

  4. 還元ヘモグロビン

―――以下解答―――

(解答)4 

<解説>

1 .(×)閉塞性黄疸などで上昇する。

2.(×)溶血性黄疸などで上昇する。

3 .(×)酸化ヘモグロビンは、酸素と結びついたヘモグロビンで、チアノーゼのときは増加しない。

4.(○)還元ヘモグロビンは、酸素と結びついていないヘモグロビンで、チアノーゼのときに増加する。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策