お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【人体】食欲を促進するのはどれか。

【人体】食欲を促進するのはどれか。

1.温熱環境

2.胃壁の伸展

3.レプチンの分泌

4.血中遊離脂肪酸の上昇

―――以下解答―――









(解答)4 

<解説>

1.(×)温熱環境では、熱の産生を抑制するためエネルギーは消費されず、食欲は促進されない。

2.(×)胃壁が伸展した情報は、迷走神経を介して中枢に「満腹」と伝えられるため食欲は低下する。

3.(×)レプチンは脂肪より分泌されるホルモンで、食欲を抑制し、脂肪量を維持する働きをもっている。

4.(○)血糖値が減少すると、脂肪がグリセロールと遊離脂肪酸に分解され、遊離脂肪酸が摂食中枢を刺激する。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ