お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【人体】アンジオテンシンIIの作用はどれか

【人体】アンジオテンシンIIの作用はどれか

  1. 細動脈を収縮させる

  2. 毛細血管を拡張させる

  3. レニン分泌を促進する

  4. アルドステロン分泌を抑制する

―――以下解答―――

(解答)1 

<解説>

アンジオテンシンIIは、腎臓の血流減少・血圧低下が引き金になって発動されるレニン・アンジオテンシン系の一部である。腎臓の血流減少・血圧低下によって傍糸球体装置からレニンが分泌される。レニンは最終的にアンジオテンシンIIの生成を促し、アンジオテンシンIIは直接血管に作用して血管収縮を引き起こし血圧を上昇させる。アンジオテンシンIIは同時に副腎皮質にも作用して、ホルモンの一部であるアルドステロンの分泌を刺激してNa+と水の再吸収を促進する。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ