お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【人体】体の変化とそれによって増加するホルモンとの組み合わせで正しいのはどれか。

Kango

【人体】体の変化とそれによって増加するホルモンとの組み合わせで正しいのはどれか。

1.血糖値の上昇ーグルカゴン

2.血清カリウム値の低下ーアルドステロン

3.血清コレステロール値の上昇ー甲状腺ホルモン

4.血清カルシウム値の低下ー副甲状腺ホルモン

―――以下解答―――









(解答)4 

<解説>

1.(×)血糖値が上昇したときに分泌されるのはインスリンである。グルカゴンは血糖が低下したときに増加し、血糖を上昇させる。

2.(×)血清カリウム値が低下すると、集合管でのカリウム排泄を促進しているアルドステロンは減少する。

3.(×)バセドウ病など甲状腺機能亢進症では、血清コレステロール値が減少する。そのため甲状腺ホルモンは血清コレステロールを減少させると考えられるが、その作用機序ははっきりしていない。

4.(○)血清カルシウム値が低下すると、骨吸収を促進して血清カルシウム濃度を上昇させる。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策