お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【人体】細胞性免疫の低下で起こりやすいのはどれか。

Kango

【人体】細胞性免疫の低下で起こりやすいのはどれか。

1.細菌性赤痢

2.多発性硬化症

3.食道カンジダ症

4.急性糸球体腎炎

―――以下解答―――









(解答)3 

<解説>

1.(×)細菌性赤痢は感染力が強く、細胞性免疫が健全であっても感染・発症する。

2.(×)多発性硬化症の原因は自己免疫応答異常とウイルス感染説が提唱されているが、はっきりしていない。

3.(○)カンジダなどの真菌症は細胞性免疫の低下によって発症する。

4.(×)急性糸球体腎炎はA群β溶連菌感染症後などに発症し、免疫複合体が関与している。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策