お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【人体】脳神経とその障害による症状との組み合わせで正しいのはどれか。

Kango

【人体】脳神経とその障害による症状との組み合わせで正しいのはどれか。

1.視神経ー複視

2.舌下神経ー舌の偏位

3.動眼神経ー眼球の外転不能

4.三叉神経ー額のしわ寄せ不能

―――以下解答―――









(解答) 2

<解説>

1.(×)視神経は網膜から受容した光の情報を、視覚野に送る神経である。そのため視神経が障害されると視野が欠損する。複視は眼筋を支配する動眼神経、滑車神経、外転神経の障害によって生じる。

2.(○)舌下神経は運動性の神経であり、舌の運動をつかさどっている。

3.(×)動眼神経は運動・知覚・副交感性の神経を含んでいる。運動性の神経は、眼球の上下、内転運動などをつかさどる。外転は外転神経が担っている。

4.(×)三叉神経は顔面の知覚を担っている。額のしわ寄せなど表情筋の運動をつかさどるのは顔面神経である。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ