お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【人体】ホルモンとその作用の組合せで正しいのはどれか。

【人体】ホルモンとその作用の組合せで正しいのはどれか。

  1. 成長ホルモンーーーーー血糖値の上昇

  2. バソプレシンーーーーー尿量の増加

  3. コルチゾールーーーーー血中カリウム値の上昇

  4. アンジオテンシンIIーーーーー血管の拡張

―――以下解答―――

(解答)1 

<解説>

1 .(○)成長促進作用の他、血糖値を上昇させる効果もある。

2.(×)バソプレシン(抗利尿ホルモン・ADH)は、血液の浸透圧が上昇したときに脳下垂体後葉から分泌され、腎臓でのナトリウムの再吸収を促進する。その結果、尿量は減少する。

3.(×)コルチゾール(糖質コルチコイド)は、血糖上昇作用や、抗炎症作用が強い。

4 .(×)アンジオテンシンIIは、レニン・アンジオテンシン系の一部で、末梢血管を収縮させて血圧を上昇させる効果がある。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ