お気に入りに登録

【連載】ケースで考えよう!看護倫理レッスン

【看護倫理・事例】第3回 医師にひどい言葉をぶつけられたケース

解説 高野春美

北里大学病院 8B病棟 係長

解説 青柳明子

北里大学病院 科長

解説 児玉美由紀

北里大学病院 がん看護専門看護師

Doctorw think111

日々の看護のなかに意外に多く潜んでいる倫理的問題。それらの解決のためには、まず、倫理的な違和感に気づくセンスが必要です。今回は、医療者間に潜んでいる力関係に関するケースをもとに、センスを磨く練習をしていきましょう。


今回のケース

医師からひどい言葉をぶつけられた

【登場人物】

  1. 助産師 森田さん(仮名)24歳 臨床経験2年目
  2. 医師 鈴木さん(仮名)28歳 臨床経験3年目
  3. 産婦 山本洋子さん(仮名)24歳 初産婦

【事例紹介】

山本洋子さんは初産婦です。自然分娩を希望し、妊娠初期から助産外来に通い、指導を受けてきました。分娩時には会陰切開を希望しています。出産が近づいたため、本日、分娩入院となりました。

夜になり、山本さんの陣痛の間隔が狭くなったため、担当の森田助産師が内診を行い、お産の進行を確認して分娩室へ移動になりました。

森田助産師は、分娩室でヒーリング音楽を流したり、リラックスしてもらうための安楽な体位を提案したり、間接照明に切り替えるなど、お産の環境を整えていきました。

そんななか、当直医の鈴木医師が分娩室に入ってきました。鈴木医師は、山本さんへの挨拶や声かけもなく、黙ってカルテをめくっています。

そこで森田助産師は、山本さんが会陰切開を希望していることを伝えましたが、鈴木医師からの返事はありません。

>> 続きを読む
ページトップへ