お気に入りに登録

【連載】CKD患者さんのケア

第8回【CKD(慢性腎臓病)】透析導入期(ステージ5)の症状と治療

解説 小那木裕貴子

聖隷佐倉市民病院 透析センター CKD コーディネートナース

解説 筒井ゆかり

聖隷佐倉市民病院 透析センター CKD コーディネートナース

F554da457c0fdef22692bd1a665e1ac411111121

透析導入の際には、患者さんへの精神的支援、セルフケアのサポートなど看護師に求められる役割は多岐にわたります。
ここでは、導入にあたってどのようなケアが必要となるのかを解説します。


スムーズな透析導入のための支援がポイント

ステージ5はGFRが15mL/min/1.73m2未満となった状態で、腎不全となります。

腎機能は高度に低下し、尿毒症や腎性貧血など腎機能低下にともなう合併症が出現することが多く、透析療法や腎移植などの腎代替療法を導入する時期になります。

ステージ4ぐらいから、腎代替療法に関しての説明を始め、ステージ5はそれが現実になってきます。

患者さんの精神的動揺が小さくないことを理解したうえで、透析療法の導入を進めていくことが大切です。

>> 続きを読む