お気に入りに登録

【連載】高齢者ケアの「困った!」を解決!

【コミュニケーション障害】アセスメントの4つのポイント

解説 田中和子

筑波メディカルセンター病院 看護師長 老人看護専門看護師

Tanaka

Kitchen taimen

治療をスムーズに進めるため、あるいは安全・安楽に支援するために、高齢者特有の症状や機能低下のアセスメント方法を紹介します。今回は「コミュニケーション障害」です。


1 聴力や視力など、感覚機能の低下の度合いを把握する

まずは入院時の情報収集で、患者さん本人や家族から難聴の有無を確認するようにしましょう。補聴器の使用経験や現在の使用状況のほか、いつもテレビの音が大きい、会話のときに左右どちらかの耳を向けるといった情報からも、難聴を疑うことができます。

また、以下のような言動がみられれば、聞こえが悪いおそれがあります。

  1. 看護師の説明に対して患者さんの行動が伴っていない
  2. 聞き違いをよくする
  3. 聞き返しが多い
  4. 会話の途中でイライラして会話するのをやめてしまう
  5. 問いかけにいつも「はい」と返事をする

伝音性難聴では耳垢や耳だれが原因になっていることがあるので、疑われる場合は、一度患者さんの耳の中を見せてもらうことも必要です。

>> 続きを読む
ページトップへ