お気に入りに登録

【連載】高齢者ケアの「困った!」を解決!

高齢患者さんと接する上で、大事なことは何ですか?

解説 田中和子

筑波メディカルセンター病院 看護師長 老人看護専門看護師

【関連記事】
* 【高齢患者とのコミュニケーション】ケア&対応の6つのワザ
▼看護師のコミュニケーションとマナーについて、まとめて読むならコチラ
看護師のコミュニケーションとマナー


高齢患者さんと接する上で、大事なことは何ですか?

 「老人だから」という先入観をもたず、常に状況にあった伝え方をすることです。

 説明しても理解してもらえなかったとき、「老人だから」という差別的な先入観が伝わらなかった理由になっていることがあるようです。

 成人であれば相手の様子を見て、自分の話し方を振り返るのに対して、高齢者の場合は年をとっているだけで相手のせいになってしまうのです。看護師には、周囲の騒音、相手の感覚機能など、状況に合った話し方が本当にできていたか、常に振り返る姿勢が必要です。

 また、「伝えたいことが伝わらない」のは患者さんも同じです。患者さんが自分のつらさを伝えられないという苦痛にもっと注目しましょう。
>> 続きを読む

ページトップへ