お気に入りに登録

【連載】高齢者ケアの「困った!」を解決!

【摂食・嚥下障害】ケア&対応の6つのワザ

解説 外塚恵理子

筑波メディカルセンター病院 看護師長 摂食・嚥下障害看護認定看護師

21

Obaasan bed

ワザ1 日常ケアに機能訓練を取り入れる

口腔機能訓練を無理なく継続するためには、日常のケアの中にちょっとした機能訓練を取り入れていくとよいでしょう。

例えば、顔を拭くときに頬の筋肉をマッサージしたり、体位変換ごとに首の後ろや肩の部分をマッサージすることで、筋肉の拘縮を防ぐことができます。

また、口腔ケアの際に、歯ブラシの柄の部分で頬を内側から円を描くようにグルッと回しながら押すことも、間接訓練になります。看護師の指で口の中をマッサージしたり、耳下腺や顎下腺をマッサージすると唾液が分泌されるので、その唾液を飲み込むことも訓練になります。

>> 続きを読む
ページトップへ