お気に入りに登録

【連載】高齢者ケアの「困った!」を解決!

加齢が摂食・嚥下にもたらす「4つの悪影響」

解説 外塚恵理子

筑波メディカルセンター病院 看護師長 摂食・嚥下障害看護認定看護師

21

Body syokudo

治療をスムーズに進めるため、あるいは安全・安楽に支援するために、高齢者特有の症状や機能低下について解説します。今回は、「加齢がもたらす悪影響」です。


影響1 嚥下筋の筋力が低下する

→嚥下障害(むせ・誤嚥)/誤嚥性肺炎

嚥下では、口腔期、咽頭期、食道期の過程で、食塊を胃まで送るために、さまざまな器官と筋肉が使われています。使用される筋肉の数は約30~40といわれています。そのため、筋力が低下すると、嚥下がうまくいかなくなり、むせや誤嚥が生じます。

気管に誤嚥された食物や水分、唾液などは、通常であれば咳嗽反射によって排出されますが、咽頭・声門部分の知覚低下や気管の防御機能の低下によって、排出できずにそのまま残ることがあります。

一方、高齢者は免疫力も低下しており、食物や唾液に含まれた細菌に感染し、肺炎を起こしやすくなっています。これらの機能と抵抗力の低下によって、誤嚥性肺炎が引き起こされます。胃や食道からの逆流によって、胃の内容物を誤嚥することでも起こります。

摂食・嚥下の過程

摂食・嚥下の過程

影響2 歯を失う

→咀嚼力低下/摂食量低下/口内環境の悪化

>> 続きを読む