お気に入りに登録

【連載】高齢者ケアの「困った!」を解決!

高齢者の睡眠障害|アセスメント・看護ケア

解説 三ヶ木聡子

筑波メディカルセンター病院 精神看護専門看護師

睡眠障害は、加齢に伴う身体機能の低下だけでなく、環境適応能力の低下、治療薬の影響、せん妄などさまざまな要因によって引き起こされます。


【目次】

※記事をすべて読むにはログイン(登録無料)が必要です。


睡眠障害かどうかをアセスメントする4つのポイント

1 患者さんが本当に眠れていないのか確認する

「患者さんは『眠れない』と言っているが、夜間ラウンドしたときはいびきをかいて寝ていた」など、看護師の観察と患者さんの訴えが一致しないことはよくあります。その場合は、まず睡眠状況を時系列で記録した「睡眠チェック表」を用いて確認するようにしましょう。

睡眠チェック表

睡眠チェック表

「眠れない」という訴えが強いと、看護師はつい「ずっと眠れていない」と思いがちですが、記録を取ることで、多角的に見れば寝られていそうだと判断することもできます。また、その表を患者さんに見せることで、「結構寝ていたんだ」と、安心してもらえるかもしれません。

>> 続きを読む
ページトップへ