お気に入りに登録

【連載】輸液ケアを極める!

【不感蒸泄・尿・便】 人が1日に喪失する電解質と水の量

解説 岡元 和文

信州大学医学部救急集中治療医学講座 教授 信州大学医学部附属病院高度救命救急センター センター長

監修 岡元 和文

信州大学医学部救急集中治療医学講座 教授 信州大学医学部附属病院高度救命救急センター センター長

B20f8dc01d7af9a1785492844f3f0187

適切な輸液ケアを行う上での基礎となる、1日にどれだけの水分と電解質の喪失量について解説します。


【目次】

※「1日の電解質の喪失量は?」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


1日の水分喪失量は?

体内の水分や電解質は、尿と不感蒸泄と便によって常に失われており、失われるものが補充されなければ、生命を維持することはできません。
そのため、体から何がどのくらい失われるのか、正常の状態を知っておくことは重要です。

まずは、水の出納について整理してみましょう。

成人の場合、尿によって失われる水分は1mL/kg/時ほどです(以下、kgは体重あたりを表します)。

不感蒸泄としては、皮膚と呼気から15mL/kg/日の水が喪失されます。
不感蒸泄量は気温などに影響を受けて増減しますが、その分は許容範囲ととらえて問題ありません。

さらに、便からは2mL/kg/日くらいの水が失われると考えられます。

体重50kgの人で計算すると、

  1. 尿から1200mL/日
  2. 不感蒸泄から750mL/日
  3. 便から100mL/日

合計するとおよそ2000mL/日の水が失われることになります。

体重で割ると40mL/kg/日となり、これが成人の1日の水分喪失量の目安になります。

1日の電解質の喪失量は?

では、電解質は何がどのくらい失われるのでしょうか。

>> 続きを読む