お気に入りに登録

【連載】IN/OUTバランス わかるとこんなにイイコトが!

体液についておさらいしよう!

解説 澤野 宏隆

大阪府済生会千里病院 千里救命救急センター 救急部部長兼ICU室長

Cc47e20c13fc2fc8dfc4aa86d26640ac

5390b88ddea9917a4f4c05a443a434d2

患者さんの状態把握を的確に行うためには、水分のIN/OUTを理解しているかどうかがカギになります。まずは、IN/OUTの基本となる「水・電解質」についてみていきましょう。


体液の役割は溶媒・運搬・体温調節

水は生命の維持に欠かせない、人体の最大の構成要素です。人体の水分組成は、年齢や性別で異なります。

一般的に水分含有量は年齢とともに減少します。新生児は80%小児で70%成人になると60%(女性は脂肪が多いため55%)とされており、高齢者では50%程度になります(図)。

図 年齢別人体の水分量と体液の構成比

生体における水の役割

  1. 溶媒:栄養や酸素、老廃物などの溶質を溶かし込むことによって、吸収や排泄を可能にする
  2. 運搬:溶質を体内の隅々に運ぶ。臓器から臓器へと血液に乗せてさまざまなものを運ぶことで、溶質どうしの化学反応も可能にする
  3. 体温調節:体温を一定に保つ働きをする。発熱で体温が上昇すると発汗し、体外に排出された水分が蒸発することによって体温を調節する
  4. 生理反応に関与:唾液や胃液、腸液などの分泌液としてさまざまな生理反応に関与する
  5. 潤滑剤:関節内や胸腔内などで潤滑剤として働く

>>次ページは、「体液と浸透圧」です。