お気に入りに登録

【連載】IN/OUTバランス わかるとこんなにイイコトが!

浮腫のメカニズムと看護ケアのポイント

解説 半崎 隼人

大阪府済生会中津病院 集中ケア認定看護師

1f298da9a7a9c7fe27bbb7a7f6dd82b1

解説 澤野 宏隆

大阪府済生会千里病院 千里救命救急センター 救急部部長兼ICU室長

Cc47e20c13fc2fc8dfc4aa86d26640ac

Mukumi

IN/OUTバランスが崩れると、さまざまな症候があらわれ、何らかの治療が必要になってきます。
IN/OUTバランスと関係の深い病態である浮腫への理解を深め、的確なケアに結びつけましょう。


【目次】

※「浮腫の検査と治療」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


浮腫とは?浮腫の種類とメカニズム

浮腫とは、細胞と細胞の間の水である組織間液(間質液)が過剰に貯留する状態です。INオーバーによって浮腫が起こる恐れがあります。

浮腫が起きる原因は、主に3つに分けられます。浮腫の種類と病態は下表の通りです。

主な浮腫の原因

表 主な浮腫の原因

主な浮腫の病態

表 主な浮腫の病態

またこれ以外にも、全身性浮腫・局所性浮腫という見方による分類もあります。例えば、肝硬変は全身性であり、足の静脈炎は局所性になります。

ほかに、圧痕を残すかどうかという分類もあり、甲状腺機能低下症の浮腫は圧痕を残さないことが知られています。

【関連記事】
浮腫ってどんな状態? 膠質浸透圧・静水圧による浮腫
浮腫とアルブミン
末梢循環・浸透圧について知って看護に役立てよう
リンパ浮腫の看護|観察項目、ドレナージ、蜂窩織炎などについて

浮腫の検査と治療

>> 続きを読む
ページトップへ