お気に入りに登録

【連載】IN/OUTバランス わかるとこんなにイイコトが!

脱水(高張性・低張性・等張性)の原因と検査・治療・ケアのポイント

解説 澤野 宏隆

大阪府済生会千里病院 千里救命救急センター 救急部部長兼ICU室長

解説 半崎 隼人

大阪府済生会中津病院 集中ケア認定看護師

IN/OUTバランスが崩れると、さまざまな症候があらわれ、何らかの検査・治療が必要になってきます。
IN/OUTバランスと関係の深い病態である脱水への理解を深め、的確なケアに結びつけましょう。


【目次】
※ 記事をすべて閲覧するには、ログイン(登録無料)が必要です。

脱水の種類とメカニズム(原因)

INに比してOUTが多いと、脱水が起こる恐れがあります。脱水は、細胞外液の電解質や病態によって、以下3種類に分類されます。

1 高張性脱水のメカニズム(原因)

対象
飲水できない高齢者や子ども、または口渇中枢が脳梗塞などで障害されている人。

※子どもは体内の水分量は多いが、腎臓の濃縮力が未熟であるため脱水になりやすい

メカニズム、原因
Na
失われる


Na以上に失われる

発汗や水分摂取の低下により、体内からはナトリウムよりも水分が多く失われ、体液が濃くなっている状態。細胞内の水が細胞外に移動し、循環血液量は保たれるが、細胞内液の減少により、口渇を強く訴える。

高張性脱水のメカニズム

2 等張性脱水のメカニズム(原因)

対象
出血や下痢、熱傷など急速に細胞外液が失われるときになりやすい。

>> 続きを読む
ページトップへ