お気に入りに登録

【連載】IN/OUTバランス わかるとこんなにイイコトが!

出血のメカニズムとケアのポイント

解説 澤野 宏隆

大阪府済生会千里病院 千里救命救急センター 救急部部長兼ICU室長

Cc47e20c13fc2fc8dfc4aa86d26640ac

解説 半崎 隼人

大阪府済生会中津病院 集中ケア認定看護師

1f298da9a7a9c7fe27bbb7a7f6dd82b1

Yubi kega

IN/OUTバランスが崩れると、さまざまな症候があらわれ、何らかの治療が必要になってきます。

IN/OUTバランスと関係の深い病態である出血への理解を深め、的確なケアに結びつけましょう。


出血でショックになるとき

出血でもっとも注意が必要なのは、ショックになる可能性がある大量出血です。

目に見える出血

頭皮外傷や、動脈損傷の場合などに大量出血の恐れがあります。この場合、何をさておきすぐに止血処置を行います。

目に見えない出血

胸腔内・腹腔内・後腹膜腹腔内などがあり、これらも大量出血を起こす恐れがあります。また、長管骨の骨折でもかなり出血する場合があり、大腿骨では、片足だけで約1L出血するとされています。

出血=ショックではありませんが、止血できなければ当然ショックになります。つまり、ショックにならないように、早期から出血への対処をしなければならないということです。

>> 続きを読む
ページトップへ