お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【疾病】原発性上皮小体(副甲状腺)機能亢進症で正しいのはどれか。

【疾病】原発性上皮小体(副甲状腺)機能亢進症で正しいのはどれか。

  1. 骨量は増加する。

  2. 血中リン値は上昇する。

  3. 血中カルシウム値は低下する。

  4. 尿中カルシウム排泄量は増加する。

―――以下解答―――

(解答) 4  

<解説>

1.(×)パラトルモン産生亢進により、骨吸収(骨からカルシウムが溶け出すこと)が進み、骨量は減少する。

2.(×)低リン血症をきたす。

3.(×)血中カルシウム値は上昇する。

4.(○)尿中のカルシウム排泄量は増加する。このため尿路結石を発症しやすくなる。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ