お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【疾病】大腸癌で正しいのはどれか。

【疾病】大腸癌で正しいのはどれか。

1.男性の悪性新生物死亡数で第1位である。

2.発生部位では直腸癌の割合が増加している。

3.食物繊維摂取量を減らすことが予防に有効である。

4.便潜血反応2日法を一次スクリーニングに用いる。

―――以下解答―――









(解答) 4

<解説>

1.(×)平成17年の統計によると,男性の悪性新生物による死亡率は、1位肺癌、2位胃癌、3位肝癌、4位大腸癌の順である。

2.(×)全大腸癌のうち直腸癌が占める割合は50%と高いが、増加しているのは結腸癌である。

3.(×)便秘などが誘因となるため、食物繊維を積極的に摂取することが予防につながる。

4.(○)健康診断の一次スクリーニングとして便潜血反応2日法が用いられている。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ