お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【疾病】皮膚病変とその原因となる疾患の組み合わせで正しいのはどれか。

Kango

【疾病】皮膚病変とその原因となる疾患の組み合わせで正しいのはどれか。

1.蝶形紅斑ー強皮症

2.口腔粘膜色素沈着ー肝硬変

3.手掌紅斑ーアジソン病

4.紫斑ー血小板減少症















―――以下解答―――

(解答)4 

<解説>

1.(×)蝶形紅斑は、全身性エリテマトーデス(SLE)でみられる。

2.(×)口腔粘膜色素沈着は、副腎機能低下症であるアジソン病でみられる。

3.(×)手掌紅斑は、肝硬変でエストロゲンの解毒ができなくなった際に起こる症状である。

4.(○)紫斑は、血小板減少症による皮下出血の症状である。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ