お気に入りに登録

【連載】IN/OUTバランス わかるとこんなにイイコトが!

IN/OUTバランスがわかると【心不全】がわかる!

解説 半崎 隼人

大阪府済生会中津病院 集中ケア認定看護師

1f298da9a7a9c7fe27bbb7a7f6dd82b1

解説 澤野 宏隆

大阪府済生会千里病院 千里救命救急センター 救急部部長兼ICU室長

Cc47e20c13fc2fc8dfc4aa86d26640ac

Sick douki

IN/OUTバランスに関係の深い疾患の診断や治療について、輸液の側面からみていきましょう。

疾患と輸液の関係を具体的にみることによって、IN/OUTバランスについてさらに理解を深めましょう。


心不全の種類と病態

心臓は、全身に血液を送り出して受け取るポンプの役割を担っています。全身に必要な血液を十分に送れなくなった状態を心不全といいます。

左心室や右心室の働きが低下すると、さまざまな症状が表れ(下表)、最終的にはほとんど左右両方の心室の機能が低下し、両心不全となっていきます。

左心不全と右心不全説明表

表 左心不全と右心不全

心不全になると、心筋の収縮力が低下し、心拍出量も減少するため、ポンプ機能が低下します。

静脈血が心臓に戻れず、静脈内に留まることによって、静脈圧が上昇し、末梢の静水圧(静止した水中で働く圧力)も上昇します。

静水圧が膠質浸透圧(水を血管内に保とうとする力)を超えると、血漿から間質へ水が移動し、間質液が増え、体液過剰となってしまいます。

>> 続きを読む