お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【疾病】薬とその副作用の組み合わせで正しいのはどれか。

Kango

【疾病】薬とその副作用の組み合わせで正しいのはどれか。

  1. 抗ヒスタミン薬ー眠気

  2. スルホニル尿素薬ー咳そう

  3. 非ステロイド抗炎症薬ー骨粗鬆症

  4. アンジオテンシン変換酵素阻害薬ー尿閉

―――以下解答―――









(解答)1 

<解説>

1.(○)抗ヒスタミン薬のうちジフェンヒドラミンは眠気の副作用が強いが、近年眠気の副作用の少ない抗ヒスタミン薬も開発されている。

2.(×)咳そうの副作用は、アンジオテンシン変換阻害薬に多い。

3.(×)骨粗鬆症の副作用が強いのは、ステロイド抗炎症薬である。

4.(×)尿閉の副作用は、抗コリン剤などにみられる。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ