お気に入りに登録

【連載】代表的な電解質異常を学ぼう!

低カリウム血症・高カリウム血症|原因・症状・治療ポイント

解説 内田 俊也

帝京大学医学部内科学講座 教授

A9

【目次】

※「ポイント1 細胞内外でカリウム濃度差が大きい」パートの閲覧はログイン(登録無料)が必要です。

カリウムの調整機序

血清Kの正常範囲

ポイント1 細胞内外でカリウム濃度差が大きい

Kは細胞内液の主要な陽イオンで、体内K総量のうち98%が細胞内液に存在し、細胞外液に含まれる量はわずか2%です。

また、細胞内液のK濃度は約100mEq/lと高いのに対し、血清K値は3.5~5.0mEq/lと、細胞内外の濃度比が数十倍と大きいため、細胞内外のK移動によって容易に血清K値は変動します。

例えば、0.1pHの変化で血清K値は0.6mEq/l動きます。この移動に影響を与える因子としては、以下4つなどがあります。

>> 続きを読む