お気に入りに登録

【連載】ドレーンの排液のアセスメント

脳室・脳槽・硬膜外ドレーン、脊髄ドレーン(スパイナルドレーン)の留置部位と排出メカニズム

解説 髙栁 知美

獨協医科大学越谷病院 脳神経外科病棟 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

【目次】

※「脳神経外科系ドレーンの挿入部位」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


ドレナージの目的と留置部位

脳腫瘍・脳出血・クモ膜下出血術後の髄液を排出
脳室

急性水頭症の髄液を排出
脳室

開頭術後の血液を排出
硬膜外

硬膜下血腫の血液を排出
硬膜下

クモ膜下腔の血液を排出
脳槽

髄液を多量・長期に排出
脊髄

病室に行ったら、まずコレをチェック

病室に行ったら、まずコレをチェック説明図

急変のアセスメント

血圧、心拍、呼吸回数など、バイタルサインに異常はないか

瞳孔の散大、左右差、対光反射の消失がないか

運動麻痺などの神経症状が出ていないか

>> 続きを読む
ページトップへ