お気に入りに登録

【連載】ドレーンの排液のアセスメント

腹腔ドレーンの目的と留置部位・排出メカニズム

解説 齋藤 恭子

獨協医科大学越谷病院 外科病棟 副主任

主に腹腔内にある臓器の切除後に、死腔となって、液が貯留しやすい部位に留置されます。ドレーンは、患者さんの腹腔内がどうなっているのかという情報を得るためだけでなく、治療や貯留されているものを排液するためなどでも留置されています。そこで日々のアセスメントや観察が重要になってきます。


【目次】

※「腹腔ドレーンの挿入部位(ウィンスロー孔)」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


腹腔ドレーンの目的

  1. 腹腔内の有害な液体を排出させる
  2. 感染源となりうる液体の貯留を防ぎ感染を防止する
  3. 排液から患者さんの状態を把握する

といった目的で行われます。

どのような手術を行ったかによって、ドレーンの留置部位は変わります。感染や患者さんの苦痛を軽減するためにも、留置する本数はできるだけ1本に、留置期間は短くするようになってきています。

腹膜炎の場合は、数本を留置することもあります。

腹腔ドレーンの挿入部位

術後に死腔ができる部位に液体が貯留しやすいため、その部位に留置します。

腹腔ドレーン挿入部説明イラスト

腹腔ドレーン挿入部

①右横隔膜下のドレナージ

肝右葉と横隔膜の間に留置

②左横隔膜下のドレナージ

脾臓と横隔膜の間に留置

③ウィンスロー孔のドレナージ

>> 続きを読む
ページトップへ