【5R】輸液指示を受けるときの看護師の注意点は?

協力 三浦まき

昭和大学病院救命救急センター 救急看護認定看護師

輸液管理にはさまざまな確認事項があります。ここでは、輸液を行う看護師が確実に押さえておきたい内容をまとめて解説します。


誤薬・誤投与を防ぐための「5R」の確認

輸液の指示が出たら、注射箋に記載されている情報を「5R」に基づいて、要点をしっかりと押さえて確認します(下図)。

5R

5Rとは

重要なのは、上記5項目がすべてRight(正しい)であることです。

  1. 患者」については基本中の基本ですが、病棟名・診療科・病室番号、患者氏名(ID、ふりがな)・年齢・性別を照らし合わせ、同姓同名の患者さんではないことを確認します。
  1. 薬剤」は類似名があるので混同しない、思い込みで確認を疎かにしないことが大切です。また、医師によっては1週間分をオーダーしていることもあり、その場合は実施日、指示者・調剤日処方医のチェックが必要です。今日実施するものなのか、注意深く日付を確認しましょう。

  2. 用量」の項目については、投与量の数字やmgとmLなど単位の読み間違いに注意が必要です。

  3. 用法」では、投与するルート(経路)が複数ある場合に、末梢静脈か中心静脈かなどを確認します。医師や薬剤師とともにルートの選択を検討することもあります。

  4. 時間」については、例えば、抗生物質は腎機能障害を防ぐために時間をかけて投与するなど、副作用を考慮した投与時間や滴下速度を把握することが必要です。必要時は、投与速度を入力してもらいましょう。

輸液管理で確認しておきたいポイント

5R以外では、「Right Purpose(正しい目的)」も輸液管理の重要なポイントです。

この患者さんになぜこの輸液が必要なのか、輸液の目的を把握するには、患者さんの病態や必要な治療は何かを理解することが大切です。疑問に思うことがあれば、必ず医師に確認しましょう。

また、急性期では昇圧薬や鎮痛薬、筋弛緩薬など、微量投与のために体重計算が必要なケースも多くあります。

その場合は医師とともに計算し、投与量が合っているかを確認します。当院では主な薬剤の計算式の一覧表を作成して院内統一に努め、インシデント・アクシデント防止に役立てています。

 

(『ナース専科マガジン』2013年10月号から改変引用)

次回は「ハイリスク薬」について解説します。

ページトップへ