【連載】ドレーンの排液のアセスメント

【気胸の看護】ドレーン管理(1)「エアリーク」をみる

解説 吉田 晃子

獨協医科大学越谷病院 心臓血管外科・呼吸器外科 HCU病棟


関連記事
【気胸の看護】 原因とメカニズム
【気胸の看護】ドレーン管理(2)「呼吸性移動」を見る
【気胸の看護】ドレーン管理(3)「全身状態」をみる

ポイント1 エアリークをみる

水封室の中のエアリーク(気泡)

エアリークとは?

一般的にエアリークとは「空気漏れ」を意味しますが、胸腔ドレナージでは、「胸腔内から気体が排出されている状態」をいいます。胸腔内から排出された気体は、排液ボトルから水封室へ移行し、水封室の液体で気泡として確認されます。

どこをみればいいの?

排液ボトルの隣にある水封室の液体に、気泡が出現することで確認できます。

何がわかる?

気泡が持続して認められる場合は、エアリークがあると判断します。呼気時のみにみられる場合は、軽度の損傷で自然に治まることがほとんどです。

呼気・吸気に関係なく持続的にみられる場合は、損傷の程度が大きいか、ドレーン回路からの漏れのおそれがあります。

こんなときは正常!

激しく出ていた気泡が減少していく

通常は、胸腔ドレーンの開始直後から連続した気泡がみられます。気胸の状態が改善されていくと、脱気される空気の量が減少します。それに伴って連続的だった気泡が、断続的な気泡へと変化していきます。

このとき気泡の大きさは小さく均一的になります。そして、胸膜に開いていた穴が治癒すると、最終的に気泡は消失します。

患者さんが咳をした、あるいは清拭や体位変換などを行ったとき、胸腔内の空気が一時的に押し出されて大量のエアリークがみられることがありますが、このときの気泡はすぐに消失します。

気泡(エアリーク)の正常な経過

気泡(エアリーク)の正常な経過

こんなときは異常!

ドレナージ直後から、エアリークがみられない

→ドレーン回路の気密性の不良(接続部からの空気の漏れ、ドレーンの閉塞など)

断続的になった気泡が、また連続的になってしまった

→胸腔内での異常の発生(気胸の再発など)
 ドレーン回路の気密性の不良(チューブ外れなど)

断続的な気泡がずっと減少しない

→胸腔内での異常の発生(気胸が治癒しないなど)
 ドレーン回路の気密性の不良(チューブ外れなど)

異常時は回路のチェックを忘れずに

  1. 刺入部の固定に異常はないか
  2. ドレーンとドレナージボトルはきちんと接続されているか
  3. 水封室と吸引圧制御ボトルをつなぐチューブはきちんと接続されているか
  4. 吸引ポート(吸引口)にきちんと接続され、圧がコントロールされているか

(『ナース専科マガジン』2013年4月号から改変利用)

関連記事
【気胸の看護】 原因とメカニズム
【気胸の看護】ドレーン管理(2)「呼吸性移動」を見る
【気胸の看護】ドレーン管理(3)「全身状態」をみる

ページトップへ