お気に入りに登録

【連載】看護に役立つ生理学

第2回 末梢循環・浸透圧について知って看護に役立てよう

執筆 梵天ゆとり(ぼんてん・ゆとり)

医師、日本医学放射線学会会員

前回(■浮腫とアルブミン)は浮腫やその原因となるメカニズムについて解説してきました。今回は、 ■浮腫とアルブミンの解説でもたびたび出てきた、末端循環と浸透圧というメカニズムについて詳しく解説していきます。

体液の組成

成人では体重の約60%が体液で占められています。体液は細胞内液細胞外液に分けられ、さらに細胞外液は主として組織間液血漿からなっています。

これらの比率は文献によっても異なりますし、個人差もあるでしょうが、覚えやすいように「内液:外液=2:1」「組織間液:血漿=3:1」とすると、例えば下のようになります。

体液の組成計算式

>> 続きを読む
ページトップへ