お気に入りに登録

【連載】ドレーンの排液のアセスメント

脳室ドレナージ 排液の色・拍動・量の見方

解説 髙栁 知美

獨協医科大学越谷病院 脳神経外科病棟 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

Taka

Body nou

ポイント1 排液の色をみる

こんなときは正常!

赤い血性 → 淡血性 → 淡黄色 → 無色・透明と変化する

脳室ドレナージは、脳内出血やクモ膜下出血などの出血性病変が起こった場合、脳室やクモ膜下腔に貯留した血液や髄液(脳脊髄液)を排出する目的で行われます。

クモ膜下出血では術後14日間は病状の悪化がないかどうか、注意を要するとされていますが、排液の色の変化がその手がかりを与えてくれます。

脳室に留置されたドレーンからは術直後には、血性の赤い排液(血液の混じった髄液)が認められます。通常、排液の色は時間が経過するとともに、淡血性→淡黄色(キサントクロミーによって髄液が黄色を呈する)→無色・透明(髄液のもともとの色)へと変化します。

正常な排液の色の変化見本

正常な排液の色の変化

ただし、術後に硬膜外・硬膜下に貯留した血液や浸出液を排液する目的で一時的に挿入される硬膜外・硬膜下ドレーンのような閉鎖式ドレーンでは、こうした変化は認められません。

例えば、慢性硬膜下血腫の場合、転倒などの血腫の原因となった頭部外傷から数週間から数カ月間経過しているため、硬膜下ドレーンからの排液は暗赤色を呈することが多いのです。

こんなときは異常!

再び赤い色が濃くなる、透明度が低い、混濁している

>> 続きを読む
ページトップへ