お気に入りに登録

【連載】現場で使える!英会話1分間レッスン

英語で外国人の患者さんにあいさつできる?

執筆 佐藤まりこ

米国RN(Registered Nurse)

外国人の患者さんがやってきた! あなたは、自分から不安を抱えた患者さんに英語で話しかけられますか?

ここで紹介するフレーズは、教科書通りの堅苦しい英語ではなく、実際にアメリカの医療現場で使われ、患者さんにもすんなり伝わる簡単な表現です。ポイントは、Simple is BEST!


不安を抱える外国人患者さんに対応できますか?

2020年の東京オリンピック開催が決まり、再び世界の目が日本に向かい始めています。この勢いに乗り日本は、2020年までに「外国人観光客2000万人」をめざします。日本全国で外国人の心をつかみ、日本の魅力を伝える取り組みが今後いっそう活性化することでしょう。

一方で、海外メディアでも心配されるのが日本人の「英語力」です。異国の地で急な病気やケガで苦しみ、不安を抱えた外国人患者さんに医療職がきちんと対応することは、「安心・安全な観光地」を目指すうえで欠かせません。

現場で自信を持って外国人患者さんに対応できるようになるために、「これだけは知っておきたい看護師のための医療英語」のレッスンを始めましょう。

本日のフレーズ

「こんにちは。今日、担当する佐藤です」

病棟では、患者さんとまずこのあいさつから始まりますね。さて、あなたはどう英語で表現しますか?

次ページは、オススメのフレーズと解説です。

ページトップへ