お気に入りに登録

【連載】安全・確実に実施する!与薬のポイント

第8回 ナースが知っておきたい添付文書ナナメ読み(その1)

監修 荒井有美

北里大学病院 医療の質・安全推進室 医療安全管理者 看護師・薬剤師

医薬品添付文書は医薬品情報の宝庫です。すべてに目を通すのは大変ですが、ポイントを押さえた添付文書の読み方をマスターすることで、薬を安全に、適正に使用する方法を確認しましょう。


与薬のプロセスごとに必要な情報を確認

医薬品に関する基本的情報が掲載されているのが、「医薬品添付文書(添付文書)」です。医薬品の包装ごとに添付・同封されています。これは、薬事法第52~54条の規定により、製薬会社にその作成と医薬品への添付が義務づけられている法的根拠のある情報源です。

医薬品添付文書は、版型(A4版)やページ数(見開き4ページ以内)などが定められており、掲載されている項目・内容・順序にも一定のルールがあります。

添付文書をより有効に活用するには、まず与薬業務に必要な情報が何かを把握することです。与薬業務を、(1)指示受け、(2)準備、(3)実施、(4)観察の4つのプロセスに分けて、それぞれの段階で必要と考えられる情報をピックアップしてみましょう(下図)。

与薬業務のプロセスごとに必要な情報

与薬業務のプロセスごとに必要な情報

※続いては、「添付文書」の内容について解説します。
>> 続きを読む

ページトップへ