お気に入りに登録

【連載】安全・確実に実施する!与薬のポイント

第3回 患者さんへの薬の説明ポイント

監修 荒井有美

北里大学病院 医療の質・安全推進室 医療安全管理者 看護師・薬剤師

5605e1a947c419c9df5102ae70d9a0a1

処方薬の多い現在、正しい服用のためには薬剤師、そして患者さんの最も近くにいる看護師の支援が必要になってきます。内服薬を中心に服薬支援のポイントを紹介します。


患者さん自身が必要性を認識できるようなサポートを

治療効果を上げるためには、正しく服薬が行われることが大前提ですが、退院後の在宅療養でも、継続して薬物療法ができるように、入院時から「服薬支援」を行うことが求められます。

そのためには、薬効や副作用、用法用量の遵守、注意点などを、患者さんが正しく理解できるように説明していくことが必要です。

患者さんに伝えるべき主な項目は以下です。

  1. どんな目的で処方された薬か
  2. 用量、服用時間、服用回数
  3. 服薬忘れへの対処法
  4. 副作用についての説明
  5. 服用方法の注意点
  6. 健康食品や飲食物との飲み合わせの注意点

これらについて患者さん本人あるいは患者さんの家族に対して、わかりやすく、疑問に対しては正確に答えられるよう、医師や薬剤師と連携しながら、説明するようにします。

薬についてはあらかじめ医師から説明を受けていることがほとんどです。ただし、患者さんが、自分が使用している薬に関して、どの程度理解・認識しているかを把握することも大切です。

そこで、薬についての説明はこちらから一方的に行うのではなく、写真付きの処方薬の説明書や実際の薬を見せながら、「このお薬を飲み始めてどれくらいになりますか?」などと尋ねていきます。2、3種類聞いても明確な回答がない場合は、こちらから詳しく説明します。

服薬説明に対して、受け入れが困難な患者さんの場合、例えば「説明なんていらない」と拒否の姿勢を見せたら、説明書を渡して「では、これをよく読んでおいてください」と、次のきっかけを探すように努めます。

また、医療者から指導的な立場で説明されるのを嫌う患者さんもいます。そのような時は、「どんな薬を飲んでいますか? 教えてください」などと「教えてもらう姿勢」で話しかけると、積極的に話してくれて、状況を確認できる場合もあります。

次のページでは「副作用と服用方法の注意点の伝え方」について説明していきます。