【連載】安全・確実に実施する!与薬のポイント

第3回 患者さんへの薬の説明ポイント

監修 荒井有美

北里大学病院 医療の質・安全推進室 医療安全管理者 看護師・薬剤師

処方薬の多い現在、正しい服用のためには薬剤師、そして患者さんの最も近くにいる看護師の支援が必要になってきます。内服薬を中心に服薬支援のポイントを紹介します。


患者さん自身が必要性を認識できるようなサポートを

治療効果を上げるためには、正しく服薬が行われることが大前提ですが、退院後の在宅療養でも、継続して薬物療法ができるように、入院時から「服薬支援」を行うことが求められます。

そのためには、薬効や副作用、用法用量の遵守、注意点などを、患者さんが正しく理解できるように説明していくことが必要です。

患者さんに伝えるべき主な項目は以下です。

  1. どんな目的で処方された薬か
  2. 用量、服用時間、服用回数
  3. 服薬忘れへの対処法
  4. 副作用についての説明
  5. 服用方法の注意点
  6. 健康食品や飲食物との飲み合わせの注意点

これらについて患者さん本人あるいは患者さんの家族に対して、わかりやすく、疑問に対しては正確に答えられるよう、医師や薬剤師と連携しながら、説明するようにします。

薬についてはあらかじめ医師から説明を受けていることがほとんどです。ただし、患者さんが、自分が使用している薬に関して、どの程度理解・認識しているかを把握することも大切です。

そこで、薬についての説明はこちらから一方的に行うのではなく、写真付きの処方薬の説明書や実際の薬を見せながら、「このお薬を飲み始めてどれくらいになりますか?」などと尋ねていきます。2、3種類聞いても明確な回答がない場合は、こちらから詳しく説明します。

服薬説明に対して、受け入れが困難な患者さんの場合、例えば「説明なんていらない」と拒否の姿勢を見せたら、説明書を渡して「では、これをよく読んでおいてください」と、次のきっかけを探すように努めます。

また、医療者から指導的な立場で説明されるのを嫌う患者さんもいます。そのような時は、「どんな薬を飲んでいますか? 教えてください」などと「教えてもらう姿勢」で話しかけると、積極的に話してくれて、状況を確認できる場合もあります。

安心して服用してもらうための副作用の説明

どのような副作用が出現するのか、事前にきちんと理由なども含めて説明することで、患者さんに安心してもらえるようにします。

例えば、ステロイドについて「恐ろしい副作用」のイメージが先行し、使用を拒否したり、自己判断で使用を中断するケースがあります。そこで副作用出現の理由や、出現した場合に軽減させる治療があるならその説明など、正しい知識を患者さんに伝えることが、薬を安心して安全に使える基本だといえます。

副作用の症状を放置し悪化させないためにも、早期発見につなげられるように、あらかじめ「こんな症状が出たら教えてください」と伝えます。

しかし、副作用の悪い点ばかりを強調するのは、安心を妨げ、自己判断による中断に陥る危険性が高くなるので、よく見られる、出現する副作用症状に留めておくほうがよいでしょう。

服用方法の注意点を伝える

内服薬を服用する時は、基本的には水と一緒に飲むように説明します。ただし、バッカル錠や舌下錠などのように飲み込んではいけない、もしくは水なしでも飲める口腔用錠剤もあるので注意しましょう。

水の量については、基本的には、コップ1杯(約180mL)の水で、上半身を起こして服用します。

薬剤を水なしで服用したり、水の量が少ないと食道で滞留して溶解することにより、抗がん剤やビスフォスネート剤など刺激の強い薬剤では、食道炎や潰瘍を起こしたりすることがあります。特にカプセルの外側はゼラチン製で喉にひっかかりやすいので、十分な水とともに飲むようにします。

ただし、腎疾患などで水分制限がある場合は、少量の水で服用できるよう指導します。最初に一口水を飲んで喉を湿らせ、薬剤を少量の水と一緒に飲むように指導するとよいでしょう。

錠剤、カプセル剤の種類はさまざまですが、基本的にそのままの状態で服用します。その理由を患者さんにきちんと説明することが、自己判断で錠剤を潰したり、カプセルからはずしての服用を防ぐことにつながります。さらに、薬袋に明記しておくのもよいでしょう。

内服薬以外の薬剤の説明ポイント

内服薬以外の薬剤について、取り扱いの注意点を以下の図にまとめました。

内服薬以外の剤型別取扱いの注意点

内服薬以外の剤型別取扱いの注意点

(『ナース専科マガジン』2013年12月増刊号「一冊まるごと薬のトリセツ」から改変利用)

次回は「服用時間と飲み忘れへの対応」について解説します。

ページトップへ