お気に入りに登録

【連載】基礎からまなぶ血液ガス

第7回 血液ガスデータからpHの異常を評価する

解説 南雲秀子

湘南厚木病院 看護師長/米国呼吸療法士(RRT) / 保健医療学修士(MHSc) 日本呼吸ケアネットワーク 理事

Nagumo min

4ba7ae421b8365c053469a5aa768504c111111

体内の恒常性を判断するのに不可欠な指標がpHです。正しく理解して、pHの異常を評価できるようにしましょう。


【血液ガスまとめ記事】
* 【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について


pHをアセスメントする!

pHとは

pHとは、水溶液中の水素イオン(H)の指数(濃度)を示しています。

その値は通常1~14までとされ、7.0を中性とします。

体内の血液の場合、

  1. 酸性・・・Hが過剰
  2. アルカリ性・・・Hが不足

であるかを表しているものです。

ヒトの場合は、6.8~7.8というごく狭い範囲でpHを調節するようになっています。

正常値は7.35 ~ 7.45とされています。

正常値よりも

  1. 酸性に傾くことをアシドーシス
  2. アルカリ性に傾くことをアルカローシス

と言います。また、

  1. 7.0以下になると昏睡
  2. 7.7以上になると痙攣

などの症状が現れます。

pHの値説明図

pHの値

pHの異常

pH値は、PaCO2とHCO3に規定されます。

この両者を評価することで、pHの異常時にどのような状態になっているかを知ることができます。

>> 続きを読む