お気に入りに登録

【連載】CKD患者さんのケア

第10回【CKD患者さんの褥瘡】栄養療法について教えて!

解説 内田明子

聖隷佐倉市民病院 看護次長

解説 宮崎木の実

聖隷佐倉市民病院 A4病棟 看護係長

CKDの患者さんは原疾患もさまざまであり、ケアをしていくなかでさまざまな問題に直面します。

そこでここでは、事例をもとにどのように対応していけばよいのかを解説します。


Q 褥瘡を発症したCKD患者さんの栄養療法を教えて!

A 細かなエネルギー調節とNa、Kを抑えた栄養補助食品の活用する。

解説

CKD患者さんは、体内で老廃物の元となるたんぱく質の摂取を制限されているために、どうしても低たんぱくの状態になりがちです。

たんぱく質は皮膚の構成物質であるため、そのことが褥瘡発生のリスク要因となります。

また貧血や浮腫によって皮膚が脆弱化しており、褥瘡発生のリスクはさらに高まるといえます。

しかも腎不全で透析治療を行っている患者さんの場合、透析によるたんぱく質やアミノ酸の喪失もあり、さらに注意が必要です。

>> 続きを読む
ページトップへ