お気に入りに登録

【連載】がんのリハビリテーション

リンパ浮腫の看護|観察項目、ドレナージ、蜂窩織炎などについて

解説 栗原 美穂

国立がん研究センター東病院 看護部 がん性疼痛看護認定看護師

解説 源 典子

国立がん研究センター東病院 外来 乳がん看護認定看護師

解説 岡田 教子

国立がん研究センター東病院 看護部 摂食・嚥下障害看護認定看護師

編集 ナース専科編集部

月刊「ナース専科」編集部

手術によるリンパ管の切断やがんの圧迫によって発症するリンパ浮腫について解説します。


【目次】

※「術前・術後の観察ポイント」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


リンパ浮腫とは?

リンパ浮腫は、

  1. 手術によるリンパ管の切断
  2. 腫瘍の圧迫

によってリンパ管が閉塞・遮断し、リンパ液の流れが阻害されて起こります。

進行すると難治性となり、皮膚の角化やだるさ、疲労感といった症状を呈するため、日常生活や社会活動が著しく制限されることになります。

早期発見とケアによって、発症や重症化を防止することが重要です。

リンパ浮腫を合併するがん

  1. 上肢リンパ浮腫・・・乳がん
  2. 下肢リンパ浮腫・・・子宮がん、卵巣がん、膀胱がん、前立腺がん、直腸がん

で発症がみられます。

術前・術後の観察ポイント

>> 続きを読む
ページトップへ