お気に入りに登録

【連載】日本一若い!? 訪問看護師の挑戦

第61回 新卒でも訪問看護師になれる!

執筆 川添高志

ケアプロ株式会社・代表取締役社長

訪問看護の仕事に興味はあっても、身近に訪問看護師が少なく、実際の現場や働き方はイメージしにくいものです。そこで今回からは、実際に現場で活躍する訪問看護師の生の声を紹介。普段、聞く機会の少ない訪問看護の現場、仕事内容、働き方などを紹介します。


落ち込む新卒

新卒で訪問看護師になるなんて無理! そう思われる方も少なくないのでは? 今回は、そんな医療業界の“間違った常識”を打ち破るべく、ケアプロに新卒で入社し、今年2年目の小瀬文彰のケースをご紹介したいと思う。

まだまだ未熟な面はあるものの、入社当時と比べると見違えるほどたくましくなった。新卒で訪問看護からの失敗や成長体験、これからの課題などについて本人に聞いてみた。

話しかけるのがやっと……

「はじめのころは、利用者さんに話しかけるのがやっとでした。血圧を測定して、『数値が少し上がってるけど、どんな要因が考えられる?』と先輩に聞かれても、1個か2個しか思いつかない。

当日行う手技の手順を事前に覚えていっても満足にできず、3カ月くらいは落ち込んでいました」

訪問看護に限らず、どんな職場でも新人が自信を失って落ち込むのはあたりまえのこと。自分の未熟さを受け止めて、どう乗り越えていくのかが重要だ。小瀬は、新卒が最初にぶつかる壁をどのように乗り越えたのだろうか。

ページトップへ