お気に入りに登録

【連載】日本一若い!? 訪問看護師の挑戦

第63回 理想の訪問看護ステーションをめざして

執筆 川添高志

ケアプロ株式会社・代表取締役社長

212a665a2d938cff7d24d47c261f6efa

今回は、入社2年目で所長を任され、日々奮闘するスタッフをご紹介します。


年齢は関係ない!

今年4月、ケアプロに新たな所長が誕生した。入社2年目の山川将人である。ほかの訪問看護ステーションの所長に比べて圧倒的に若いが、スタッフとのコミュニケーションの取り方が抜群にうまく、見ていて頼もしい。

山川には、入社して1年が経とうとした頃に、所長になってみないかと打診をした。本人は全く予想外だったらしい。

まさか自分が所長に!?

「まさか自分に所長の話が来るとは思っていませんでした。というのも、地元の沖縄で訪問看護ステーションを立ち上げる夢があったので、入社する際に2年で辞めるとお伝えしてましたから。

話を受けた直後は、所長が務まるのかと不安でいっぱいでしたが、訪問看護ステーションの経営に必要なマネジメント、法律、事務の知識を学べる絶好のチャンス。

さらに、沖縄に帰る時期を考えると今しかないと考えて、お引き受けすることにしました」

ページトップへ