お気に入りに登録

【連載】宇田川 廣美の「ちょっと社会を見渡してみました」

平均寿命が延びている今、”家族へのケア”にスポットを!

執筆 宇田川 廣美

フリーライター 

Roujin family

日本人の平均寿命は世界トップ!

先ごろ、日本人の平均寿命を示す「簡易生命表」が厚生労働省から発表されました。

これによると、男性の平均寿命は過去最高の80.21歳で世界4位、女性は86.61歳で2年連続の世界1位。これは、がんや心疾患、脳血管疾患、肺炎などによる死亡が改善されたためです。

また、国立社会保障・人口問題研究所の日本の将来推計人口(平成24年1月推計)では、平成25年から平成34年にかけて、平均寿命のさらなる延びとともに、不健康な期間も延びる、と予想されています。※1

※1
厚生科学審議会地域保健健康増進栄養部会・次期国民健康づくり運動プラン策定専門委員会「健康日本21(第二次)の推進に関する参考資料」P.25-27
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/dl/kenkounippon21_02.pdf

寿命が延びるのは喜ばしいことですが、大事なのは、「平均寿命」と「健康寿命(健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間)」の差、つまり、「健康でない期間」が限りなく短くなることではないでしょうか。

高齢者を支える家族にも看護の視点を当てよう

平成22年の調査研究によると、「不健康な期間」とされる平均寿命と健康寿命の差は、男性が9.13年女性は12.68年となっています(下図)。

平均寿命と健康寿命の差※1

図 平均寿命と健康寿命の差※1

>> 続きを読む