お気に入りに登録

【連載】輸液ケアを極める!

【輸液の種類】細胞外液補充液と維持液類の特徴

解説 岡元 和文

信州大学医学部救急集中治療医学講座 教授 信州大学医学部附属病院高度救命救急センター センター長

監修 岡元 和文

信州大学医学部救急集中治療医学講座 教授 信州大学医学部附属病院高度救命救急センター センター長

B20f8dc01d7af9a1785492844f3f0187

輸液製剤は種類が多く、覚えにくいものです。
ここでは主に輸液について、どのようなものがあるか分類ごとに紹介します。

【関連記事】
* 輸液の看護|輸液とは?種類、管理、ケア


代表的な3つの輸液製剤

輸液製剤は、電解質輸液と栄養輸液、その他の輸液製剤に分けられます。

1 電解質輸液

主に体内の水や電解質が失われたり経口摂取が難しい場合、これらを補給する目的で用いられます。

2 栄養輸液

静脈からエネルギーやアミノ酸などの栄養素を補給する目的で用いられ、

  1. 末梢血管を用いる末梢静脈栄養療法(PPN:Peripheral Parenteral Nutrition)
  2. 中心静脈を用いる中心静脈栄養療法(TPN:Totalparenteral Nutrition)

があります。

3 その他

輸液製剤には尿細管内の浸透圧を上昇させて利尿作用をもたらす浸透圧利尿剤、ショック時などに循環血漿量を増加させる血漿増量剤などがあり、それぞれの目的に応じて使われています。

輸液製剤の種類

輸液製剤の中でも特に電解質輸液は、同じ水・電解質の補給や酸塩基平衡異常の是正を目的としながら、成分や組成によって用途が分かれます。
また、通称で呼ばれることが多いことから、日常でよく使うにもかかわらず、わかりにくいといわれます。
それぞれの特徴を整理しておきましょう。

続いて「細胞外液補充液と維持液類の特徴」について解説します。

>> 続きを読む