【連載】輸液ケアを極める!

【輸液の種類】細胞外液補充液と維持液類の特徴

解説 岡元 和文

信州大学医学部救急集中治療医学講座 教授 信州大学医学部附属病院高度救命救急センター センター長

監修 岡元 和文

信州大学医学部救急集中治療医学講座 教授 信州大学医学部附属病院高度救命救急センター センター長

B20f8dc01d7af9a1785492844f3f0187

輸液製剤は種類が多く、覚えにくいものです。
ここでは主に輸液について、どのようなものがあるか分類ごとに紹介します。

【関連記事】
* 輸液の看護|輸液とは?種類、管理、ケア


代表的な3つの輸液製剤

輸液製剤は、電解質輸液と栄養輸液、その他の輸液製剤に分けられます。

1 電解質輸液

主に体内の水や電解質が失われたり経口摂取が難しい場合、これらを補給する目的で用いられます。

2 栄養輸液

静脈からエネルギーやアミノ酸などの栄養素を補給する目的で用いられ、

  1. 末梢血管を用いる末梢静脈栄養療法(PPN:Peripheral Parenteral Nutrition)
  2. 中心静脈を用いる中心静脈栄養療法(TPN:Totalparenteral Nutrition)

があります。

3 その他

輸液製剤には尿細管内の浸透圧を上昇させて利尿作用をもたらす浸透圧利尿剤、ショック時などに循環血漿量を増加させる血漿増量剤などがあり、それぞれの目的に応じて使われています。

輸液製剤の種類

輸液製剤の中でも特に電解質輸液は、同じ水・電解質の補給や酸塩基平衡異常の是正を目的としながら、成分や組成によって用途が分かれます。
また、通称で呼ばれることが多いことから、日常でよく使うにもかかわらず、わかりにくいといわれます。
それぞれの特徴を整理しておきましょう。

細胞外液補充液と維持液類の特徴

細胞外液補充液(等張性電解質輸液)の特徴

血漿とナトリウム濃度がほぼ等しい輸液製剤のことです。

電解質だけで血漿と浸透圧がほぼ等しいことから、等張性電解質輸液ともいわれます。

出血などによる循環血液量が減少したときの補給・充填や、ナトリウムを投与したい低張性脱水などの補給・充填に用いられます。

大量・急速に投与することで、心不全や腎不全がある患者さんでは肺水腫などが出現するため注意を要します。

生理食塩液、リンゲル液などがこれにあたります。

細胞外液補充液

維持液類(低張性電解質輸液)の特徴

ナトリウム濃度が血漿より低く、電解質だけでは浸透圧が血漿より低いことから、低張性電解質輸液ともいわれます。

水分欠乏型脱水や体液の恒常性を維持するために使用されます。

  1. 1号液:カリウムを含まないので、カリウムを投与したくない患者さんに使い、開始液と呼ばれます。また高カリウムを伴う脱水、電解質の初期補給に用いられます。
  2. 2号液:脱水補給液ともいわれ、ナトリウムとともにカリウムも投与したい脱水時に使われます。
  3. 3号液:生体が必要とする1日の水分量(体重50kgで2000mL)をこの輸液製剤で投与すれば、生体が必要とするナトリウムやカリウム量が投与できるように工夫された輸液で、維持輸液と呼ばれます。
  4. 4号液:ナトリウム投与は少なく、カリウム投与はゼロにしたいときに用います。腎機能が未熟な新生児の術後に用いることがあります。

維持液類

(『ナース専科マガジン』2012年4月号から改変利用)