お気に入りに登録

【連載】ケースで考えよう!看護倫理レッスン

【看護倫理・事例】第7回<問題編> マンパワー不足によるジレンマ

解説 児玉美由紀

北里大学病院 がん看護専門看護師

解説 青柳明子

北里大学病院 科長

解説 高野春美

北里大学病院 8B病棟 係長

Doctorw think111

日々の看護のなかに意外に多く潜んでいる倫理的問題。それらの解決のためには、倫理的問題に気づくセンスが欠かせません。
今回は、患者さんの意思決定にまつわるケースを通して問題を掘り起こしてみましょう。


「せめてトイレに行って排泄したい」と訴える患者さんを、なんとかトイレに行かせてあげたいのだが・・・

今回の患者さん

  1. 上田景子さん(仮名)
  2. 50歳
  3. 女性
  4. 乳がんの術後再発

せめてトイレに行って排泄したい・・・

上田さんは、乳がんのリンパ節転移により右上肢に浮腫と痛み、麻痺があり、両下肢にも骨転移による麻痺があります。
入院時から排尿・排便障害がみられ、排尿はバルーンカテーテルを挿入し、排便は浣腸と下剤でコントロールし、ベッド上で行っています。
しかし、床上排泄のために腹圧がかけられず、常にスッキリ排便できない感じがあり、上田さんは、入院時から「せめてトイレに行けるようになりたい」と話しています。

トイレでの排泄にトライ

そこで、上田さんの「トイレに行きたい」ニーズを満たすために、ベッドサイドでのリハビリを開始しました。
しかし、ポータブルトイレへの移乗では、上田さんには血圧低下による気分不快がみられ、座位保持も不安定であることから、トイレ移乗は難しいと判断されました。

>> 続きを読む
ページトップへ