お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【疾病】呼吸困難を訴える患者で呼吸音に左右差を認める場合、可能性が高いのはどれか

Kango

【疾病】呼吸困難を訴える患者で呼吸音に左右差を認める場合、可能性が高いのはどれか

  1. 肺気腫

  2. 自然気胸

  3. 間質性肺炎

  4. 気管支喘息

―――以下解答―――









(解答)2 

<解説>

1.(×)肺胞壁の破壊的変化によって呼出能力が低下し、肺でのガス交換が十分に行えない疾患である。呼吸音の減弱は両側性にみられる。

2.(○)肺胞に突然穴が空き、胸腔内に空気が流れ込み、肺が圧迫される疾患である。呼吸音の減弱は片側性にみられる。

3.(×)様々な原因で肺胞壁が炎症を起こし繊維化し、ガス交換がしにくくなる疾患である。呼吸音の減弱は両側性に起こる。

4.(×)気道内でのアレルギー反応により可逆性に気道が狭窄し、喘鳴と呼吸困難が出現する。呼吸音の減弱は両側性である。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ