お気に入りに登録

【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【疾患】消化管の異常とその原因の組あわせで正しいのはどれか

Kango

【疾患】消化管の異常とその原因の組あわせで正しいのはどれか

1.麻痺性イレウスー腸捻転症

2.絞扼性イレウスー胆石発作

3.弛緩性便秘ー糖尿病自律神経障害

4.痙攣性便秘ー塩酸モルヒネの内服

―――以下解答―――








(解答)3 

<解説>

1.(×)麻痺性イレウスとは、腸蠕動の減弱によって腸内容物の通過障害が起こった状態である。原因として開腹手術後、腹膜炎、低K血症などがある。

2.(×)絞扼性イレウスは、腸間膜や腸管のねじれによって腸が狭窄・閉塞する状態で、激烈な疼痛が持続する。原因として腸捻転などがある。

3.(○)弛緩性便秘とは、腸の蠕動が弱いために起こる便秘で、原因として腹筋の筋力低下や糖尿病性自律神経障害、塩酸モルヒネの内服がある。

4.(×)痙攣性便秘とは腸蠕動が過剰に活発になり、腸が引きつった状態になり、便の通りが悪くなって起こる便秘のことである。原因にストレスがある。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ