【連載】看護師 国家試験対策・過去問

【疾病】糖尿病性ケトアシドーシスで血中濃度が低下するのはどれか

【疾病】糖尿病性ケトアシドーシスで血中濃度が低下するのはどれか

 1. 尿素窒素

 2. ケトン体

 3. 水素イオン

 4. 重炭酸イオン

―――以下解答―――








(解答)4 

<解説>

インスリン不足などで細胞でのグルコースの利用が低下すると、生体は脂肪酸を分解してエネルギーを作り出そうとする。このとき老廃物として産生されるのがケトン体である。ケトン体は強い酸性であるため血液のPhは酸性に傾く(糖尿病性ケトアシドーシス)。血液中にはphをアルカリ性に向けて調節する重炭酸イオンが含まれているが、アシドーシスの際には消費されて少なくなっている。

勉強が進む!看護師国家試験対策

看護師国家試験の過去問を[分野別]・[解説付き]で解くことが出来ます。

アプリをインストールして勉強する

Android版
iPhone版

サイトで勉強する

WEB版国家試験対策

ページトップへ