お気に入りに登録

【連載】ケースで考えよう!看護倫理レッスン

【看護倫理・事例】第8回<解決編>マンパワー不足により発生した看護師のジレンマ

解説 児玉美由紀

北里大学病院 がん看護専門看護師

解説 青柳明子

北里大学病院 科長

解説 高野春美

北里大学病院 8B病棟 係長

Doctorw think1111

日々の看護のなかに意外に多く潜んでいる倫理的問題。それらの解決のためには、倫理的問題に気づくセンスが欠かせません。
第7回で紹介したケースマンパワー不足によるジレンマについて、フライの原則をもとに5つのポイントを確認しながら、解決策を考えてみましょう。

5つのポイント「フライの倫理原則」とは


5つのポイントでチェック

1.あなたの看護行為は、患者さんの害になっていませんか?

トイレでの排泄を目標に、上田さんにはベッドサイドでのリハビリが開始されました。
この結果、ポータブルトイレへの移乗では、上田さんに血圧低下や座位保持への不安定さがみられたことから、看護師は安全確保の点を考え上田さんのトイレでの排泄は難しいと判断しています。

しかし1カ月後、リハビリの成果が出て、上田さんは端座位が可能になり血圧も安定したため、看護師は再度、トイレでの排泄にトライしてみることを決めました。
その際には、何人の看護師が必要であるかを検討し、それぞれがどのような役割を担うのかを事前に見極めています。
また実際に上田さんをトイレに移動する際には、必ず3人の看護師を確保してから実施しています。

>> 続きを読む
ページトップへ