お気に入りに登録

【連載】不安定な血糖値はこうしてコントロール!

ココに注意! 糖尿病ではない患者さんの【高血糖】

解説 松田昌文

埼玉医科大学総合医療センター 内分泌・糖尿病内科 教授

Icon


ポイント1 身体に受けるダメージが大きい

基礎疾患に糖尿病のある人がほかの疾患やその治療によって高血糖になった場合よりも、糖尿病でない人の場合のほうが予後が悪いというデータがあります。

高血糖の状態に身体が慣れているときよりも、低めの(正常の)血糖値から急激に数値が上昇するほうが、身体に受けるダメージが大きいようです。

ポイント2 急激な低下には注意が必要

通常時に100mg/dl程度である血糖値が200mg/dlを超えてしまうと、創の治りが悪い、感染症を発症しやすいなどの状態が生じるため、しっかりとした血糖コントロールが必要です。

>> 続きを読む
ページトップへ